トップページ > 歴史的建築物の保存活用
歴史的建築物の保存活用

歴史的建築物の保存活用

OMこうべでは地域貢献事業として、神戸らしさの象徴でもある歴史的建築物等の保存活用に向け、次の取り組みを進めています。

OMこうべの取組み

  1. 歴史的建築物等の所有者と活用者のマッチング
    所有者の方と活用事業者とのマッチング(調整・仲介)を行い、建物の活用を支援します。
  2. 歴史的建築物保存活用に関する技術的支援
    建物の維持管理・活用について、所有者の方が気軽にご相談いただける窓口を設け、課題の解決を支援します。
  3. 歴史的建築物保存活用に資する情報発信
    歴史的建築物の紹介や各種イベント開催の支援など、歴史的建築物等に対する市民の関心を高めることに取り組みます。
  • 歴史的建築物等 
    国、県、市の指定・登録文化財(建造物)、北野町山本通地区の伝統的建造物、景観形成重要建築物等
    これらと同等の文化財的又は景観的価値のある建造物。

神戸市内の指定文化財(外部リンク)
https://www.city.kobe.lg.jp/a21651/kanko/bunka/bunkazai/estate/bunkazai/index.html
景観形成重要建築物等(外部リンク)
https://www.city.kobe.lg.jp/a30028/shise/kekaku/jutakutoshikyoku/scene/arch.html

神戸市内の代表的な歴史的建築物等

阪神間モダニズム邸宅

 明治の終わりから昭和の初めにかけて阪神間を中心とする地域に、近代的な文化芸術、生活様式が育まれました(阪神間モダニズム)。
 東灘区や灘区には、富裕層が移り住むための大邸宅が次々と建てられました。

阪神間モダニズム邸宅

旧居留地近代ビル

 居留地は、神戸港開港時、外国人が住み、働く場所として建設されました。返還後、大正から昭和初期にかけて多くの日本人が旧居留地に入り、ビジネスの中心地として発展しました。第一次世界大戦の打撃等で外国商館が衰退する中、日本の海運会社や商社、銀行などが進出し、近代洋風建築のオフィスビルが次々と建てられました。
旧居留地

異人館(北野地区等)

 北野地区は、神戸港開港時、外国人が日本人から家や土地を借りられるエリアとして指定され、明治から大正にかけて外国人居住の洋館が数多く建てられました。
異人館

茅葺古民家

 神戸市内には北区・西区を中心に約800棟もの茅葺民家が残っており、建立時期も江戸時代以前のものから昭和初期頃まで幅広くあります。

茅葺古民家

お問い合わせ先

お問い合わせ先 株式会社OMこうべ 経営企画部 資産活用室
【所在地】〒650-0046 神戸市中央区港島中町6丁目9番1 神戸国際交流会館9階
Tel:078-302-2384 Fax:078-302-2404
ページの先頭へ